健康の悩み

夏風邪の症状子供は?原因は?対処法は?

更新日:

夏風邪は良くバカが引くや、治りにくいなど色々と言われています。

でも実際のところはしっかりとした原因があります。

その症状や原因を知っておけば、お子さんがそうなった時でも焦らず対処ができます。

こちらで確認していって下さい。

 

夏風邪の症状小児なら?

冬の風邪と比べると、咳などはあまり目立たず、下痢をしたり消化器系の不調といった症状が見られます。

他には、発熱、喉の痛み、発疹などが特徴です。

またウイルスがしばらくお腹の中に居続けることが多いので、治っても2週間から1か月は感染などに気をつけなければ
なりません。

子供に多い病気ですが、大人でもまれになることがあります。

 

夏風邪の原因は?

夏風邪の原因は、ウイルスが原因です。

代表的なのが、

手足口病

ヘルパンギーナ

プール熱(咽頭結膜熱)

です。

これらは、便の中のウイルスから感染したり、プールで感染することが多い。

発疹や、高熱が出た時は注意です。

どれも1週間程度で自然治癒しますが、
医療機関にかかった方がいいでしょう。

 

夏風邪の対処法は?

対処法は、家でゆっくり休み、ウイルスに勝つ体力を付けることが一番です。

食欲が低下することが多いこの病気ですが、出来る限り消化に良い食べ物を少量でも
いいからとる方がいいでしょう。

炭水化物や良質のタンパク質を中心とした食事です。

あと、冬風邪のように毛布にくるまって汗をかくのが良いなどはなく、
むしろ逆効果です。

適度に快適になるように、クーラーなどで調節してあげて下さい。

また、汗をかき、脱水症状にならないようにしっかりと水分をとることも大事です。

 

まとめ

夏風邪の症状は特徴的です。

なので、早めに気づくことが多いです。

ただ熱が出ないこともありますので、単純に熱だけで症状を見るのでなく、
下痢や、発疹などの症状が出たら、注意してあげて下さい。

早く発見してあげることでそれだけ楽に治せますので。

 

-健康の悩み
-,

Copyright© マメゾーの館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.