春のイベント

母の日もうすぐ花言葉でカーネーションは?バラは?アジサイは?

更新日:

母の日にお花をあげようと思われている方多いと思います。

でも花を上げるのは始めてで、何をあげようかと。

一般的にはカーネーションやバラ、アジサイをあげる人が多いのですが、
色によっては花言葉が違うのです。

せっかくあげるのであればしっかりと、気持ちの伝わる花言葉の色を選べた方が
お母さんも喜ぶかもしれませんね。

あげる時に花言葉も一緒に手紙につけて送るとなお喜んでくれるかもしれません。

ここで確認していって下さい^^

 

母の日のために花言葉、カーネーションが知りたい!

カーネーションというと、母の日にあげる花として一番定番かもしれません。

これを機会に知っておいて下さい。

まず、共通の意味として、

「女性の愛」
「感覚」
「感動」
「純粋な愛情」

といったものが言われています。

様々な色が売られていますし、そして色によって意味が異なります。

赤いカーネーションの花言葉

「母の愛」
「愛を信じる」
「熱烈な愛」

一番定番のもので、意味的にも母の日にぴったりな色です。

ただ注意が必要なのですが、

濃い赤や紫、茶色といった黒に近い赤は、
ネガティブな意味になってしまうのでやめておきましょう!

ピンクの場合

「感謝」
「上品・気品」
「暖かい心」
「美しい仕草」

赤同様におすすめ出来る色です。

色合いも凄く可愛いものが多く、精神的にも人の気持ちを明るくする色と言われています。

黄色の場合

「軽蔑」
「美」
「嫉妬」
「愛情の揺らぎ」
「友情」

ネガティブな意味合いが強いの
避けた方が無難な色です。

オレンジの場合

どちらかというと恋人向け
「純粋な愛」
「あなたを熱愛します」
「清らかな慕情」

良い意味が多いのですが、お母さんというより恋人に上げるのが
ベストな色だと思います。

白い場合

「尊敬」
「純潔の愛」
「私の愛情は生きている」
「愛の拒絶」

良い意味が多いのですが、実は白いカーネーションは亡くなった人へ送る
ものでもあります。

なので避けておいた方が良いかもしれません。

青い場合

ロマンチック
「永遠の幸福」

色々ありましたが、特にこだわりがなければ、
赤や、ピンク、青がおすすめです!

 

 

母の日にあげるバラ、花言葉は?

バラも花のイメージの中で一番強い花かもしれません。

全体的な意味は愛を意味します。

色別の花言葉は、

赤いバラ

愛情や美、情熱といった意味があります。

青いバラ

夢かなうや不可能、奇跡といった意味があります。

白いバラ

純潔、私はあなたにふさわしい、深い尊敬といった意味があります。

黄色いバラ

愛情の薄らぎ、嫉妬などの意味があります。

ピンクのバラ

しとやか、上品、感銘といった意味があります。

またバラは本数によっても花言葉が違い、

3本はご夫婦に、11本は両親に送るのにも最適と言われています。

黄色以外の色であれば、良いかもしれませんね・

 

 

アジサイを母の日に。花言葉は?

あじさいの花言葉は、全体的なものは、
「冷淡」、「高慢」、「移り気」といったクールな印象です。

色別では、

白いあじさいは

「寛容」

ピンクは、

「元気な女性」

青は

「忍耐強い女性」

そして、束にしたものは

「家族団らん」といったイメージです。

全体的にプラスなイメージが強く大変日本らしい花です。

おすすめです!

 

 

まとめ

母の日に花をあげるのは大変喜ばれます。

それだけでも喜ばれると思いますが、そこに花言葉を書いたカードなんかをつけて
あげるだけで、より気持ちが伝わります。

普段お世話になっているお母さんに、しっかりと気持ちを伝えられると良いですね^^

-春のイベント
-,

Copyright© マメゾーの館 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.